フイヤージュ*ブログ

フイヤージュ弦楽アンサンブルのメンバーが自由に書き込んでいます。

サイレントベースにミュートを

主に練習用として使用しているサイレントベースの音抜けが悪い。楽器本来がこのような音質のものなのか、コントラバスと違って胴体がないので抜けようがないのか、アンプの音質を調整してもモゴモゴ感が拭えない。

弓弾きをしても正確な音程をとる練習に支障があるので、次第に楽器から遠ざかってきた。

何か改善する方法がないかと調べていくうちに、以前コントラバスを調整してもらった工房のオーナーがオリジナルのプリアンプやピックアップマイクを作るほどに、メカに大変詳しいことを思い出した。

そうだ京都、行こう。と思い立ち「京都で修業を積み、数年前に新所沢に開業したコントラバス工房へ行ってきました。」

音抜けが悪いのは駒の調整不足、弦が古い、ピックアップマイクや内蔵アンプの不良が考えられるとのことで、その場ですぐにやってもらえる駒の調整をお願いしました。

どうでしょう、物の見事に駒の調整だけで、音が抜けてクリアに響く楽器に見違えました。サイレントベースも弦の振動が駒を通して内蔵マイクに集音されるという原理を改めて思い知らされました。

今では、近所迷惑にならぬようサイレントベースの駒にミュートを付けて練習している次第です。

作業場にある鉄瓶が加湿器

コントラバスの他にオーディオ類も

フイヤージュのCDたち

2014年からフイヤージュの定期演奏会を録音した音源を収録したCDを作っています。

 

YouTubeでは演奏した曲の中から5曲を選んで公開していますが、CDにはYouTubeで公開していない、演奏会当日の全曲が収録されていて、聴くと当日の会場の様子を思い出すことが出来ます。

 

音楽って、聴けば記憶に残るものの、形としては何も残りませんが、CDにしておけば、いつでも自分たちの演奏を聴くことが出来ます。

 

CDを聴けば自分の気になる音も聴こえて来ますが、それより拙い箇所もありつつ、みんな一生懸命に弾いて全体が1つにまとまっている様子が聴けると、やっぱり嬉しくなります。
そして「この曲は楽しかった♪」、「この曲は難しかったな〜!」と本番当日のことをリアルに追体験することが出来ます。
もっと何年も経ってから聴くと、とても懐かしい、暖かい気持ちでCDを聴いているんじゃないでしょうか♪

 

先日、2016年の定期演奏会のCDも出来上がってフイヤージュメンバーの手に渡りました^-^b

 

☆左上2014年、右上2015年、下2016年のCD☆

 

 

☆メンバーに配る前の2016年版のCDたち☆

FSE_Vc_Aより

 

新しい年と新しい楽器

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします♪

 

昨年は演奏会や発表会に出て演奏する他に楽器にも変化があった年でした。

 

じっくり試奏を重ね、自分にしっくり来る楽器と弓に替え、念願だった楽器の新調がようやく叶ったのが、

とても嬉しい年でした。
弦楽器って「作り」は、木と少しの金属部品と弦で出来ていて、とてもシンプルだと思いますが、
シンプルな分、奥深いなぁと思う事を日々、感じたり教わったりしています。

 

いま新調を考えているのはチューナーで、沢山の音の中でもシッカリ音を拾ってくれるのを狙っています。
けっこういい性能のものが、それほど高くなく買えるようです。
いま使っているクリップ式の小さいチューナーは個人練習の時はいいのですが、大きな部屋で人数が十人以上くらいになると音が全然拾えなくなってきてしまいました。

 

自宅で個人練習するときは疲れるとチェロのネックにもたれて目をつむったり、チェロを横たえて

自分もその横にゴロンとなって休むのがいつもの私のスタイルなのですが、そんな風に練習しながら

今年も新しい相棒と楽しく音楽と向き合って行きたいと思っています。

 

☆チェロにいい表情をしてもらって写真を一枚♪☆

FSE_Vc_Aより

リアルサンタクロースの居るクリスマスコンサート🤶

今日、12/25はフイヤージュのクリスマスコンサートでした。

 

出演者それぞれいつもと違う服装に加えて、お揃いの赤いサンタの帽子をかぶり、工作の得意なメンバーお手製の譜面台飾りを付けて華やかな雰囲気です🎄

 

そして短い時間ながらとても楽しいコンサートになり、お客さんに楽しんでいただけたんじゃないかな、と思います。今年はコントラバスを弾き、お客さんにプレゼントを配ってくれるというサンタさんも居たんですよ🤶

 

そして年末の演奏会と言えば第九ですが、フイヤージュの指導をしてくださる新井先生が出演した所沢フィルの第九。何度も聴いていますが今年はとても良くて、感動しました。
そして別の第九で今年はチェロの友人がチャレンジしました。
とても難しい曲な上に、周りの音に加えて合唱にも耳を傾けながらの演奏。話しも色々聞きましたが、忙しい人なのに練習を乗り切り、見事に弾ききって思わず「ブラボー」を送りました。

 

今年もそんな風にして人の演奏を聴き、自分でも演奏をし、良いCDも何枚か集めたりして充実の一年でした🎵

 

今年、フイヤージュの演奏を聴きに来てくれたお客さま、どうもありがとうございました!

穏やかな良い年末年始を迎えて、みなさまの来年が良い一年になりますように、お祈りしています🌟

 

☆コンサート会場として、いつもお借りしている文化創造アトリエ・アミーゴのエントランスは、いつも季節感のあるデコレーションで素敵です☆

 

FSE_Vc_Aより

オーボエの悲恋

指導者の新井葉子です。
突然、なぜオーボエ!?
実は、オーボエは10代の頃、私のあこがれの楽器だったのです。

 

中学の吹奏楽部で、コントラバスのあまりの報われなさ(自分の音が聞こえない!フラットばかりの楽譜で指が痛い!そもそも、コントラバスのパート譜が存在しない楽曲がある!など…)に悲しくなった私は、
「吹奏楽部にオーボエのある高校に入学し、オーボエパートに変わる」
ことを夢見ていました。
そして希望の高校に合格、晴れて吹奏楽部に入部し、希望楽器がオーボエであると告げたところ、なんと1日前にオーボエ経験者が入部したとの事実を教えられたのでした(;_;)
吹奏楽にオーボエは1人いれば足りるので、とりあえずのような感じでクラリネットになり、そして2か月後、経験者の入部を待っていたかのように新しいコントラバスが届き、結局コントラバスに戻ったのでした。

 

それからはコントラバスが好きになり、専門の勉強をさせてもらって、演奏活動をしています。運命だったのでしょうかね…。
オーボエへの想いは悲恋に終わりましたが、あの物悲しい音色は、今でも大好きです。

 

なぜオーボエへの悲恋を思い出したのか。
いつだったか楽器職人さんってすごいな~と感心したことがあり、そういえば、私にはオーボエ吹きでオーボエとクラリネット専門の楽器職人をしている高校の同級生がいるのを思い出し、今更ながら「やっぱりオーボエにも縁があるよね」と感慨深く思ったからです。

 

同級生の楽器職人の彼は、東京のプロオーケストラ奏者から調整の依頼が来たり、都内の大手楽器店に手作りのリードを納めていたりと、誠実な人柄と確かな仕事で着実に信頼を増やしています。
出会う人、めぐり合う出来事は、どこか意味を持ってつながっているのですね。

 オーボエの写真、同級生からもらいました♪