定期演奏会を終えてわかった、とても個人的な気づき。

指揮と指導の新井葉子です。

フイヤージュ弦楽アンサンブル 第14回定期演奏会が終わって、しばらくの時間が過ぎました。

 

14回目にして、はじめて知ったこと。

「お客さまの拍手が演奏会終了の合図」ではなかった!

 

私がステージに立つ時、ほとんどがコントラバス奏者としてなのですが、プログラムを最後まで演奏し終えて、場合によってはアンコールを演奏し終えて、お客さまから拍手をいただきながら、ああ~終わったんだ~と実感します。

 

しかし!指揮者はお客さまの拍手が終了の合図ではないのです!!

お客さまからの拍手を浴びながら、ソロを演奏した奏者を讃え、オーケストラを讃え、お客さまに何度も感謝申し上げる、いわばセレモニーがあるのです。ステージ裏へ下がり、拍手が止んだところで、演奏会終了となります。

 

これまでの14回、私は、演奏者と同じ感覚で、指揮者としてのステージを終えていました。

恥ずかしながら今回、ソロ奏者を起立させるのをすっかり忘れてしまい、なぜそうなったのかを省みた時に、指揮者と演奏者で演奏会の終え方が違うのではないかと気づきました。

演奏会をはじめから終わりまで、トータルでコンダクトする。
指揮者とはプロデューサーなんだなと思いました。


 

このように、自分に足りないものを気づかせてくれる。フイヤージュの演奏者の皆さんを通じて、私はたくさん育ててもらっています。とても感謝です。

そしてクリスマスコンサート、一年後の定期演奏会に向けて、早くもフイヤージュは始動しています。

 

 

どうぞこれからも、応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

2017年8月19日 | カテゴリー : 定期演奏会 | 投稿者 : ysensei

定期演奏会後記

先日、第14回定期演奏会が無事に終了しました。
たくさんのお客様にお越しいただき本当にありがとうございました。

 

約1年をかけて練習してきました。
前日にゲネプロ(通し練習)、当日も直前まで練習をします。

 

本番は1回だけ。

何が起こっても、お客様が聴いてくださるのは本番1回だけ、なんですよね。

 

演奏技術、音楽表現、みんなで息を合わせて演奏する、もっと上手く弾けるのでは?とだんだん欲張りになってきました。

 

100%大満足(^^)なんてことはありません。
それでも、例え失敗してしまっても、達成感と充実感に満たされています。

 

そしてもっと上手に弾きたい!
という気持ちでまた次の練習を始めます。

 

まだまだ厳しい暑さが続きますが、クリスマスコンサートの曲の練習を始めます♪

 

第14回定期演奏会のお知らせ

第14回定期演奏会

2017年8月5日(土)

13:30開場

14:00開演

入間市文化創造アトリエ・アミーゴ・スタジオ

入場無料

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

カルメンをイメージしたチラシが完成しました。

お気軽にお越しくださいませ♪

お待ちしております♪

 

 

 

 

第13回定期演奏会を振り返ってみて

フイヤージュ弦楽アンサンブルの年間の最大イベント、定期演奏会が、8月7日に無事終了しました。
今年も暑かった!夏の暑さと同じくらい、あるいはそれ以上に熱い本番と、その直前の練習でした。

 

演奏者のみなさん、お疲れ様でした。(1月が過ぎてねぎらうなんて、すみません…。)
フイヤージュは小さな団体なので、一人一人の発する音、奏でる音楽、モチベーション…数えるときりがないくらい、みなさんそれぞれにダイレクトに注文をつけることになりますが、子どもも大人も、各人本番当日に向けて練習を積んでくれて、特に直前にあたる7月の練習では、急激に音楽に磨きがかかった様子が、今回は特に実感できました。

 

本番の演奏は1回きりで、その時にみなさんが表現してくれた音楽が集まって、魂の込められた音楽になります。
それが満足いくものであってもそうでなくても、そこにフイヤージュの歴史が生まれ、そして受け継がれていきます。

 
一期一会の音楽。本当に素敵ですね。私はそれを考えると、いつも心から感動します。
自分が演奏者として演奏会に携わるのとはまた違った経験を、フイヤージュではさせてもらっています。
本当にありがとうございます。
また10月から、みなさんと一緒にフイヤージュ弦楽アンサンブルの新しい歴史を作っていくのが楽しみです(^^)

regularconcert2016

 

 

さて、第13回定期演奏会が終わって、振り返ってみるのですが・・・

当日のことを、ほとんど思い出せません(>_<)

こんなことは初めてです。

 

本番の日は、午前にかなり濃密なリハーサルをし、ちょっと休憩したところで、すぐに午後の本番になります。
息をつく暇もない、というのは毎回なのですが、なぜ今回はほとんど記憶に残っていないのか。

 

自分が深く集中していたのだと思いますが、そのように私の意識を高めてくれたのは、フイヤージュのみなさんの演奏が、当日リハーサル、そして本番でもなお、止まることなく成長し続けたからだろう と、最近結論に至りました。
私のつたない指揮にもかかわらず、合奏団の奏でる音楽が生き生きと広がって、輝きを放っていたのだと思います。

 

今は写真を見ながら、当日はどんな感じだったのだろう?と想像をふくらませています。
そのうち、録音技術者さんが編集してくれたCDが届いてきて、本番の演奏を聴くことができます。とても楽しみです♪

 

 

このブログをご覧のみなさんにも、いつかYouTubeを通じて、私達の演奏を聴いていただけると思います。
感想などありましたら、「お問い合わせ」のページより、いつでもお送りください。

regularconcert2016-2

2016年9月15日 | カテゴリー : 定期演奏会 | 投稿者 : ysensei

第13回定期演奏会、終了しました!

2016年の定期演奏会が無事に終了しました♪

 

今年はお客さんがいつもより多かった気がします。
そして、どの曲も楽しんで聴いてくれているように感じました。

 

そして演奏指導と指揮の新井先生の全身を使っての指揮は、いつも気持ちに響くものがあります。
その指揮の目指すものを少しでも自分の音に乗せられたらと、いつも思います。
そしてどの曲も最後の最後まで手を入れる丁寧さや勉強されている様子はすごいです。
演奏会当日にエキストラの方や、お客さんからも「先生は曲の事をとても勉強されている」という話しが出ました。

 

演奏前に曲の歴史や背景を話してから演奏に入るのは、曲を印象的に覚えてもらいやすく、曲にまつわる先生の話しが分かりやすくて、とても楽しいのもフイヤージュの特徴の1つと思っています。

 

演奏会は前半後半の2部構成。
合間の休憩ではフイヤージュのメンバーが、お茶の用意をしてくれて、お客さんを別室に招いて冷たいお茶とお菓子で、ひととき談笑出来るのも楽しく、ありがたかったです。

 

久しぶりにお会いするフイヤージュメンバーの保護者の方が、まだ小さいお子さんを抱っこしながら、お茶の用意を手伝ってくれた、さりげないお心遣いも素敵でした。

 

定期演奏会が終わった後は一瞬だけ「凪」の期間。
演奏会の練習のために仕事の休みを取りたかったですが叶わず、仕事はカレンダー通りだったので、今年から出来た「山の日」が身に染みてありがたいです!
ひとときの静かな「凪」な1日を楽しみたいと思います^▽^

 

☆今年もチラシやプログラムをはじめ沢山のデザインをしました。
記念品はクリアファイルとステッカー。

かわいい、とても気に入った、と後日、感想をいただけて嬉しかったです☆

FSE_Vc_Aより

2016年8月11日 | カテゴリー : 定期演奏会 | 投稿者 : FSE_Vc_A

さあ、定期演奏会本番へ向けて、仕上げに入ります。

フイヤージュ弦楽アンサンブル 第13回定期演奏会
↑詳細は演奏会タイトルからリンクへお進みください。
 2016年8月7日(日) 13:30開場 14:00開演
 入間市文化創造アトリエ・アミーゴ スタジオ

 

7月も半ばに差しかかろうとしています。
例年この時期から本番まで、毎週日曜日に練習が入ります。練習時間を延長し、仕上げにかかるため練習内容もハードになります。

定期演奏会を何度も経験しているメンバーが多いため、これまでの経験から、気持ちを引き締めているのではないかと思います。

 

実は先月の練習から、少しずつ仕上げに近づけていたのですが、
「先生、こんなにテンポ速かったでしょうか?」
「前と違う気がする」
という声を聞きました。

 

そうでしょう、そうでしょう・・・それもそのはず、
1年周期の定期演奏会ですが、演奏曲数が多く、譜読み程度の合奏をしては、はい次っ!と別の曲へ移ったりして、復習をあまりせず、気付けば本番が近づいていた・・・
現実を知って、少々唖然とするのが、ちょうどこの時期。勝手に名付けて

「7月の恐怖」

なのです。

 

そして、連続合奏の最初の日曜日の練習が、精神的に最もハードなのです。
各自、練習の足りなさ、あまりの不出来に、気持ちが乱れるのがこの日の特徴です。

 

そして、それは私も同じ。
どうやって、残された数回の練習で、よりよい音楽へメンバーを導けるか、あれこれ悩みます。
演奏する立場では経験することのない悩みです。
同時に、棒を振る(=指揮)の練習もしなければなりません。

 

それぞれ日々の生活を過ごしながら、定期演奏会へ向けてラストスパートです。
苦しくても、みんなが集まって音を合わせたら、そんな気持ちも吹き飛んだ・・・となればいいなと思っています。

そして8月7日は、太陽に負けないくらいキラキラの音楽を奏でられたらいいですね!

2016.7.11blog

2016年7月11日 | カテゴリー : 定期演奏会 | 投稿者 : ysensei