マイ ファニー バレンタイン

電器店でウォークマンを購入したサービスでCDのプレゼントがあり、

数枚の中から選んだのがレコードでよく聞いていた、

マイルス デイビス クインテットの COOKIN’

その中の1曲目が マイ ファニー バレンタイン

タイトル通り、原曲を見事なまでに調理(演奏)しています。

これをきっかけに、手放したレコードをCDで収集しなおして、

また、音楽活動を再開することになりました。

素晴らしいプレゼントでした。

           My Funny Valentine

びよら考♪

今回のおさらい会に先生の知り合いのヴィオラの方が参加しましたが、この人が、また陽気でマイペース、1人盛り上がり&1人受け爆笑、などなど賑やかでホントに楽しい人で、私も一緒になって大笑いしてたんですが、待てよ、この人の楽器はヴィオラ→ビオラ→びおら→びよら…という事が頭に浮かびました。

 

音楽の世界で「ヴィオラジョーク」、「びよらジョーク」など、ヴィオラ奏者のキャラクターにまつわる面白ネタが多すぎて、そういう1カテゴリーにもなってる程ですが、このヴィオラ奏者と接していて「あのジョークは伊達じゃないかもね。ほほ〜ん♪」とニヤニヤした次第です^▽^

 

そう言えば今年の春にカルテットを組んで発表会で一緒に弾いたヴィオラの友達も、いつも顔がニコニコしてるような穏やかなマイペース派で、思わず人がプッと吹き出すような事を天然でやるような人です…!

 

ヴィオラと奏者の性格、全世界で一致するところがあるのかも。

 

FSE_Vc_Aより

おさらい会

チェロの先生の門下生が集まる、おさらい会に出演して来ました♪

 

少し早めに会場に着くと、先に来ているメンバーが居て、久々の再会を喜んだりしながらリハーサル用の小部屋で入れ替わり立ち代り練習する本番前。
今年はヴィオラの人の飛び入り参加もありました。

 

自分の演奏は反省点だらけで今年は昨年よりも練習時間が確保出来なかった事など改善したい点が沢山ですが、みんなの演奏は素晴らしく、プロみたいな演奏をする人も居て、演奏の最後は先生と先生の友人のプロ2人の演奏を間近で聴けて「おさらい会」なのを忘れてリサイタルを聴いているみたいでした。

 

そして、まだ下手ながらも人の心に少しでも何か良いものを残せるような演奏をしたいという気持ちが強まります。

 

おさらい会のあとは場所を移して打ち上げと反省会。音楽のプロアマ関係なくしゃべり合い、音楽にまつわる話しがあちこちで花咲いて、しまいにお店の人に「すいませーん、暑い(熱い?)のでエアコンの温度もっと下げて下さ〜い」なんて声も上がる中、反省会では1人1人が反省点を言い、それぞれが思っている事が聞けるのも、おさらい会で集まる良いところです。

 

そして打ち上げに参加した中にプロのバレエダンサーの方が居て、バレエの基本ポーズを教わる、という面白い体験をしました。
独特のバレエのポーズを自分の体でしてみると日常では、まずしない体の使い方でした。
トゥシューズと脚や足指についてのダンサーならではの話しも、その分野のプロの話しは興味深かったです。

 

この日、フイヤージュの演奏会にも来てくれた友達が聴きに来てくれました。フイヤージュの演奏会を聴いたことで刺激されたという事は以前、聞いていましたが、中断していたテナーサックスを再開するために楽器をメンテナンスに出すことにしたという嬉しい知らせも聞けました。

 

それにしても、おさらい会の出演者全員がチェロケースを背負ってゾロゾロと移動する様子は道行く人が二度見、三度見していました!
荷物を担いで行進するアリのようかも知れませんね^▽^
チェロケースが目印になるので駅の雑踏でも迷子にならないのがありがたいんですよ♪

 

私は、おさらい会の練習と本番で左手の指先を負傷してしまい、合奏練習をお休み。
練習を休むのは残念でしたが、しっかり治して次回から演奏会に向かってラストスパートです!

 

☆チェロの仲間たちのケースがズラリ!この後ろや横に、まだまだあります☆

image

FSE_Vc_Aより

お昼休みのコンサート

以前から行きたいと思っていたコンサートに、先日友達と誘い合わせて行ってきました。

 

昼間の時間帯のコンサートで、私は昼休みを利用して仕事先から歩いてホールへ、友達は別の場所から来るので「先に着いた方が席を取ってからロビーで待ち合わせね」と決めて、先に着いた私が良い席を取れて、1時間もないコンサートだけれど内容が良く、とても濃厚で聴き応えがありました。

 

コンサート後は、もう1人友達が合流して軽くお茶を飲みながら、いま聴いたコンサートの色んなこと、楽器のことや感じたことを聞いたり話したり充実した時間になりました。

 

夏はフイヤージュの定期演奏会を筆頭に演奏する側になる機会が増える季節。
良いもの、前向きなエネルギー、明るさや楽しさ、風通しの良さ、観たもの聴いたものの奥深さなどを感じて吸収したくなります。そして人との楽しい交流も良いパワーが湧いて来ます。

 

忙しい中でも、こういう時間は工夫して取りたいものだな、と改めて思う、お昼のひと時でした。

 

☆写真はホール、ロビーのシャンデリア☆

image

FSE_Vc_Aより