楽器と乾燥

今日は雪が降りました。

毎日寒くて、お肌の乾燥も気になります。

木で出来た楽器も乾燥は大敵です。

 

ダンピットという、楽器を加湿してくれるものを入れているのですが、それでもすぐカラカラに乾いてしまいます。

 

先日、練習しようと楽器ケースを開けたら、チェロ弦がゆるゆると外れていました。

辛うじてD線だけで持ちこたえていた状態です。

半泣きで、1時間くらいかけて慎重に張り直しました。

 

初めて弦が緩んでしまった時、どうしたらいいか困ってしまい、先生にすぐ連絡しました。

その時のアドバイスがとても印象に残っています。

 

「 楽器の調子は、その場の環境に適応しようと楽器が頑張るので、変化してしまうのは自然なことなのです。むしろ、適応できなくて壊れてしまうと危険で、あなたのチェロは健康なのだと思って大丈夫です。」

 

そうでした(^。^;)

壊れたわけではないのです。

チェロは弦を自ら緩めることによって、壊れるのを未然に防いでくれたのでした。

今回も、あ~(T_T)と思いましたが、焦らず対応できました。

 

春が待ち遠しいな。

2017年2月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sy-vc

初見

先日、初対面のメンバーと初見の譜面でアンサンブルをする会に初参加しました。

弦楽四重奏の楽譜ですが、集まったメンバーは、ヴァイオリン、 チェロ、ピアノ、フルート、オーボエ、クラリネット。

普段、管楽器の方とご一緒することがほとんどないのでとても新鮮でした。

初見( その場で初めてみた楽譜)で始めは音がばらばら、ぐたぐたでも、何度かアンサンブルすると息があってくるのです。

この感じが楽しいから、ほかの曲もやってみたい!となるのですね。

 

フイヤージュでは、およそ1年計画で定期演奏会に向けてじっくり練習していますが、今回はまた違った体験ができていい刺激になりました(^-^)

2016年11月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sy-vc

思いつくままに楽器の話し♪

いつの間にか9月も、もう下旬ですね。

 

定期演奏会が終わってからは合奏練習も少しの間、休みになりますが、休み中でもメンバーとは何かと繋がりがあるのが嬉しいです。

 

先日、クリスマスコンサートの楽譜をいただいたので少しずつ練習を始めていますが、今年も楽しい曲が揃っています。

 

チェロは曲によってはコントラバスと共に低音をボン、ボン、と刻むリズム隊になりますが、今年のクリスマスの曲たちの中にも、そんな一曲がありました。
そういう曲はノリが良いものが多く、弾いていると、とても楽しくなります。

 

子供の頃にレコードでオーケストラの演奏を聴いて、この音の楽器は何だろう?と憧れた音がチェロでした。
チェロは音色も魅力的ですが、メロディもリズムも奏でられる活躍の幅広さも魅力です♪
弾くだけでなく表板を叩いたりする打楽器的な奏法もあったりして、楽譜の読み違いでなければ今年のクリスマスの曲の中に、そんな箇所があったように思います。(合奏練習の時に確認してみよう^_^)

 

リズム、憧れた楽器、で思い出しました。
中高生の頃にドラムに憧れた事があり、大人に連れて行って貰ったライヴハウスで叩かせてもらったりしました。
足も使うので難しいなー、と思いましたがバンドの音を支える、あの存在感、カッコいいですね。

 

パイプオルガンも、とても好きで色んなホールに聴きに行きました。
聴く他にも、パイプオルガンの解体展示でパイプオルガンの仕組みを見たりしましたが面白かったですよ。
そしてあの巨大なものが楽器である、という事が、とても不思議で魅力的に思えます。

 

「楽器」で思いつくままに書いていたら、好きな楽器談義になりました🎻🎹

 

☆ハロウィンシーズンのための仕事をしました。
次はクリスマスシーズンのための仕事が控えています。慌ただしくなるけど楽しみ☆

FSE_Vc_Aより

 

2016年9月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : FSE_Vc_A

ヴィヴラフォン

DSC_0357

昨日のジャズライブ、とっても楽しいひとときでした。

「over the rainbow 」はとても思い出のある曲で、そのジャズアレンジをリクエスト演奏してくださったのがステキでした♪

写真の楽器、「ヴィヴラフォン」の演奏を初めて聴きました。

見た目から金属のキンキンした音かと思ったら、オルゴールのような柔らかな心地よい音色。ずーっと聞いていたい癒される音色でした。

 

2016年6月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : sy-vc