思いつくままに楽器の話し♪

いつの間にか9月も、もう下旬ですね。

 

定期演奏会が終わってからは合奏練習も少しの間、休みになりますが、休み中でもメンバーとは何かと繋がりがあるのが嬉しいです。

 

先日、クリスマスコンサートの楽譜をいただいたので少しずつ練習を始めていますが、今年も楽しい曲が揃っています。

 

チェロは曲によってはコントラバスと共に低音をボン、ボン、と刻むリズム隊になりますが、今年のクリスマスの曲たちの中にも、そんな一曲がありました。
そういう曲はノリが良いものが多く、弾いていると、とても楽しくなります。

 

子供の頃にレコードでオーケストラの演奏を聴いて、この音の楽器は何だろう?と憧れた音がチェロでした。
チェロは音色も魅力的ですが、メロディもリズムも奏でられる活躍の幅広さも魅力です♪
弾くだけでなく表板を叩いたりする打楽器的な奏法もあったりして、楽譜の読み違いでなければ今年のクリスマスの曲の中に、そんな箇所があったように思います。(合奏練習の時に確認してみよう^_^)

 

リズム、憧れた楽器、で思い出しました。
中高生の頃にドラムに憧れた事があり、大人に連れて行って貰ったライヴハウスで叩かせてもらったりしました。
足も使うので難しいなー、と思いましたがバンドの音を支える、あの存在感、カッコいいですね。

 

パイプオルガンも、とても好きで色んなホールに聴きに行きました。
聴く他にも、パイプオルガンの解体展示でパイプオルガンの仕組みを見たりしましたが面白かったですよ。
そしてあの巨大なものが楽器である、という事が、とても不思議で魅力的に思えます。

 

「楽器」で思いつくままに書いていたら、好きな楽器談義になりました🎻🎹

 

☆ハロウィンシーズンのための仕事をしました。
次はクリスマスシーズンのための仕事が控えています。慌ただしくなるけど楽しみ☆

FSE_Vc_Aより

 

2016年9月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : FSE_Vc_A